コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉鏡花 いずみ きょうか

9件 の用語解説(泉鏡花の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

泉鏡花

小説家。石川県生。名は鏡太郎。明治23年上京、尾崎紅葉に師事する。観念小説から出発して、浪漫的・神秘的作風に転じ、独自の境地を開く。著書に『照葉狂言『高野聖』等。昭和14年(1939)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いずみ‐きょうか〔いづみキヤウクワ〕【泉鏡花】

[1873~1939]小説家・劇作家。石川の生まれ。本名、鏡太郎。尾崎紅葉の門下。繊細優雅な文体で、独特の浪漫的境地を開いた。小説「夜行巡査」「照葉(てりは)狂言」「高野聖(こうやひじり)」「婦系図(おんなけいず)」「歌行灯(うたあんどん)」、戯曲「夜叉ヶ池」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

泉鏡花【いずみきょうか】

明治・大正の小説家。本名鏡太郎。金沢生れ。尾崎紅葉に師事,1895年《夜行巡査》《外科室》を発表して観念小説の新進作家として認められた。以後《照葉狂言》《湯島詣》《高野聖》《婦系図(おんなけいず)》《歌行灯(うたあんどん)》《薄紅梅》《縷紅新草》など,謡曲,浄瑠璃,読本,合巻などの影響を受け,神秘的なロマン主義精神に貫かれた独自の作品が多い。
→関連項目小栗風葉幻想文学硯友社佐々木喜善新小説鈴木清順水芸三田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉鏡花 いずみ-きょうか

1873-1939 明治-昭和時代前期の小説家。
明治6年11月4日生まれ。尾崎紅葉に師事。「夜行巡査」「外科室」で脚光をあびる。明治29年発表の「照葉(てりは)狂言」から幻想的でロマンにみちた独自の世界をきずいた。代表作に「高野聖(こうやひじり)」「婦(おんな)系図」「歌行灯(うたあんどん)」など。芸術院会員。昭和14年9月7日死去。67歳。石川県出身。北陸英和学校中退。本名は鏡太郎。
【格言など】要するにお化は私の感情の具体化だ(「予の態度」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

泉鏡花

没年:昭和14.9.7(1939)
生年:明治6.11.4(1873)
明治大正昭和期の小説家。本名鏡太郎。石川県石川郡金沢町生まれ。父清次は加賀(金沢)藩細工方の流れを汲む彫金,象眼細工師。母鈴は加賀藩太鼓師の娘。幼少時,草双紙や口碑伝説に親しむ。明治15(1882)年母が29歳の若さで死去。ふたりの妹は養女に出された。亡母と生別した妹たちの影は鏡花文学に色濃く残る。20年北陸英和学校退学。23年小説家を志して上京。24年尾崎紅葉門下となる。28年「夜行巡査」「外科室」を発表。出世作となる。同年博文館に入社。29年母性思慕を基調とする初期の代表作「照葉狂言」を,33年怪異とエロチシズムに満ちた「高野聖」を発表。36年神楽坂の芸妓桃太郎(本名伊藤すず)と同棲し,紅葉に叱責され,すずはいったん鏡花のもとを去る。38年療養をかねて逗子に転居。41年すずとの体験を一部取り入れた『婦系図』を刊行。同年帰京。42年後藤宙外らの文芸革新会に参加し反自然主義を標榜。43年円熟期の傑作「歌行燈」を発表。大正6(1917)年には耽美的な戯曲「天守物語」を発表し,8年から10年にかけて大正期の代表作「由縁の女」を連載する。13年「眉かくしの霊」を発表。以後も旺盛な創作活動が続き昭和14(1939)年の「縷紅新草」が小説としての最後の作となった。300編以上にのぼる鏡花の作品を特徴づける少年時の追懐,母性(女性)崇拝,幻想,怪奇,嗜虐趣味,エロチシズム,耽美主義,ロマンチシズム,観念性などは,その独特の文体とともに近代小説史に異彩を放つ。<参考文献>谷沢永一,渡辺一孝編『鏡花論集成』

(菅原克也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いずみきょうか【泉鏡花】

1873‐1939(明治6‐昭和14)
明治・大正の小説家。金沢生れ。本名鏡太郎。父清次は腕のいい彫金師で,母鈴は江戸葛野流の鼓打ちの娘。鏡花文学には父方の工人の血と,母方の芸能の血とが一つになって流れていた。1882年母が死亡。84‐87年まで,金沢のミッションスクール北陸英和学校に学ぶ。やがて貸本などにより多くの小説類を耽読。90年小説家たらんとして上京,91年尾崎紅葉の門人となる。93年京都《日出新聞》に《冠弥左衛門》を,94年には《読売新聞》に《義血俠血》(上演名《滝の白糸》)を連載,95年《夜行巡査》《外科室》を当時最大の文芸誌の一つであった《文芸俱楽部》に発表するに及んで観念小説と名づけられ,新進作家として脚光をあびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いずみきょうか【泉鏡花】

1873~1939) 小説家。石川県生まれ。本名、鏡太郎。尾崎紅葉に入門。巧みな文体で幻想美にみちた特異な浪漫的世界を展開した。代表作「照葉狂言」「高野聖」「婦系図」「歌行灯」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泉鏡花
いずみきょうか

[生]1873.11.4. 金沢
[没]1939.9.7. 東京
小説家。本名,鏡太郎。父は名人肌の彫金師,母は能楽師の家系で,ともに彼の文学に影響を与えている。 1890年上京,翌年尾崎紅葉の門に入り,のちに『滝の白糸』として舞台化される『義血侠血』 (1894) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泉鏡花
いずみきょうか
(1873―1939)

小説家。明治6年11月4日、石川県金沢生まれ。本名鏡太郎。父清次は腕のいい彫金師で、工名は政光。母鈴は江戸葛野(かどの)流の大鼓(おおかわ)の家中田氏の娘で、鈴の兄松本金太郎は宝生(ほうしょう)流のシテ方として聞こえた能楽師、その子長(ながし)も能の名人として高名である。鏡花文学には、父方の工芸の血と、母方の芸能の血が一つになって流れている、とみなしてよいだろう。1882年(明治15)母鈴は次女やゑ出産後死亡、繊細な神経をもつ少年鏡太郎は心に深い傷を受け、母を恋うる感情は、彼の作品の主要なテーマの一つとなる。
 1884年金沢の高等小学校に入学、のちに北陸英和学校に転じ、やがて文学書に親しむようになる。とくに尾崎紅葉(こうよう)の作品に感嘆し、1890年17歳で上京、1891年牛込(うしごめ)横寺町の紅葉宅を訪ねて入門を許され、玄関番として住み込む。1893年京都『日出(ひので)新聞』に漣山人(さざなみさんじん)閲、泉鏡花著として『冠弥左衛門(かんむりやざえもん)』を連載、1894年「なにがし」の署名で『義血侠血(きょうけつ)』を『読売新聞』に掲げる。後者は『滝の白糸』という題名で新派の重要な演目の一つとなる。1894年父清次死去、祖母や弟を抱え生活苦を味わう。1895年『夜行巡査』『外科室』を当時最大の文芸誌『文芸倶楽部(くらぶ)』に発表、一躍新進作家として脚光を浴びる。「鏡花の『夜行巡査』着筆思想大いに見るに足る。前途多望の筆力紙面に躍る」(『文学界』「時文」1895.5)と評する匿名時評も現れた。1896年『照葉(てりは)狂言』を『読売新聞』に連載、それまでの「観念小説」とよばれる鋭い感覚と批評性をはらんだ世界から、少年を主人公とする清新な叙情をたゆたわせる新しい境地へ転じ、『化鳥(けちょう)』(1897)、『辰巳巷談(たつみこうだん)』(1898)、『湯島詣(ゆしまもうで)』(1899)、『高野聖(こうやひじり)』(1900)等々、立て続けに問題作を発表するに及んで、師紅葉を超えるほどの人気作家の地位を獲得する。
 1906年(明治39)ごろより活発になる自然主義文学隆盛の影響で、文壇的にはいささか影の薄い存在となるが、能楽や江戸文学への造詣(ぞうけい)の深い鏡花の世界は、母恋いの情、鮮やかな色彩性、夢幻性をあわせもち、この不遇の間にも『春昼(しゅんちゅう)』(1906)、『草迷宮』(1908)といった幻想的な作品に特色をみせる。また『婦系図(おんなけいず)』(1907)、『白鷺(しらさぎ)』(1909)、『歌行燈(うたあんどん)』(1910)、『日本橋』(1914)といった風俗性の濃い作品においても円熟の境地をみせている。大正期に入っては『夜叉(やしゃ)ヶ池』(1913)、『天守物語』(1917)などの戯曲の世界でも、俗世間の迫害に耐える女たちの哀れさを、華やかな幻想性に包み込んで描きあげる。1899年(明治32)、のちに夫人となるすず(神楽坂(かぐらざか)の芸妓(げいぎ)桃太郎)を知り、やがて同棲(どうせい)、紅葉の怒りにあって一度は離別したことは有名。『縷紅新草(るこうしんそう)』(1939)を最後として、昭和14年9月7日永眠した。墓は東京・雑司ヶ谷(ぞうしがや)墓地にあり、戒名幽幻院鏡花日彩居士。前近代の文化とも、また土俗の根とも深くつながるその世界は、今日再評価の声が高く、文学史の書き換えの問題ともあわせて、さまざまな論議の対象となっている。[笠原伸夫]
『『鏡花全集』全29冊(1973~76・岩波書店) ▽村松定孝著『ことばの錬金術師泉鏡花』(社会思想社・現代教養文庫) ▽笠原伸夫著『泉鏡花――美とエロスの構造』(1976・至文堂) ▽三田英彬著『泉鏡花の文学』(1976・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の泉鏡花の言及

【歌行灯】より

…(1)泉鏡花の短編小説。1910年1月《新小説》に発表。…

【婦系図】より

泉鏡花の長編小説。1907年(明治40)《やまと新聞》に連載。…

【草迷宮】より

泉鏡花の中編小説。1908年(明治41)春陽堂より単行出版。…

【幻想文学】より

…明治以後,急激な西欧文明の流入,列強にいちはやく追いつき拮抗しようとする国策の進行によりヨーロッパの近代合理主義が知識人階級を席巻する。文学においても明治後期から大正にかけて自然主義や主知的潮流が中心を占めていくのにひとり拮抗した泉鏡花が,一時の文壇的不遇に耐えながら《高野聖》《眉かくしの霊》《草迷宮》などの小説や戯曲《天守物語》など,質量ともに圧倒的な作品群によって,上田秋成の成果をさらに拡大深化し,日本を代表する幻想文学の巨匠となった。泉鏡花の幻想は,森羅万象との交感,幼少年期の体験に根ざす母性憧憬,伝承的な感受性の伏流など,前近代的な遺産を基盤としながら,一方では近代ヨーロッパの文芸思潮にも通底する,ロマン主義の圧倒的な開花という面をも兼ね備えている。…

【高野聖】より

泉鏡花の中編小説。1900年(明治33)2月《新小説》に発表。…

※「泉鏡花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泉鏡花の関連キーワード金子洋文川崎長太郎細田民樹橘外男添田さつき鷹野つぎ津村京村野沢純藤沢清造吉田十四雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泉鏡花の関連情報