胸分け(読み)ムナワケ

デジタル大辞泉の解説

むな‐わけ【胸分け】

胸で草木などを押し分けること。むねわけ。
「さ雄鹿の―にかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去(い)ぬる」〈・一五九九〉
胸のはば。また、胸。
「―の広き我妹(わぎも)」〈・一七三八〉

むね‐わけ【胸分け】

むなわけ」に同じ。
「さを鹿の―にする秋の萩原」〈続後撰・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むなわけ【胸分け】

胸で草を押し分けて進むこと。むねわけ。 「さ雄鹿の-にかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去ぬる/万葉集 1599
胸のはば。むねはば。 「 -の広き我妹わぎも/万葉集 1738

むねわけ【胸分け】

むなわけ(胸分)」に同じ。 「妻どふ鹿の-にあたらま萩の花散りにけり/長秋詠藻」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android