コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸分け ムナワケ

デジタル大辞泉の解説

むな‐わけ【胸分け】

胸で草木などを押し分けること。むねわけ。
「さ雄鹿の―にかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去(い)ぬる」〈・一五九九〉
胸のはば。また、胸。
「―の広き我妹(わぎも)」〈・一七三八〉

むね‐わけ【胸分け】

むなわけ」に同じ。
「さを鹿の―にする秋の萩原」〈続後撰・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むなわけ【胸分け】

胸で草を押し分けて進むこと。むねわけ。 「さ雄鹿の-にかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去ぬる/万葉集 1599
胸のはば。むねはば。 「 -の広き我妹わぎも/万葉集 1738

むねわけ【胸分け】

むなわけ(胸分)」に同じ。 「妻どふ鹿の-にあたらま萩の花散りにけり/長秋詠藻」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胸分けの関連キーワード長秋詠藻万葉集萩原

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸分けの関連情報