コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原 はぎわら

9件 の用語解説(萩原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原
はぎわら

岐阜県中東部,飛騨川上流域にある地区。旧町名。 1897年町制。 1956年川西,山之口の2村と合体。 2004年3月下呂町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。区域は飛騨川の谷底平野にあり,林業を中心に米作,畜産などが行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はぎ‐はら【×萩原】

萩の生い茂っている野原。はぎわら。 秋》

はぎ‐わら〔‐はら〕【×萩原】

はぎはら

はぎわら【萩原】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「萩原」姓の人物
萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)
萩原広道(はぎわらひろみち)
萩原雄祐(はぎわらゆうすけ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はぎはら【萩原】

萩の生い茂っている原。はぎわら。 [季] 秋。 《 いづくにかたふれ臥とも萩の原 /曽良 》

はぎわら【萩原】

はぎわら【萩原】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩原
はぎわら

「はぎはら」ともいう。岐阜県中東部、益田(ました)郡にあった旧町名(萩原町(ちょう))。現在は下呂(げろ)市の北部中央を占める一地域。1897年(明治30)町制施行。1956年(昭和31)川西、山之口の2村を編入。2004年(平成16)小坂(おさか)、下呂、金山(かなやま)の3町および馬瀬(まぜ)村と合併、市制施行して下呂市となる。旧萩原町は、南飛騨(ひだ)の商業、文化などの中心地であった。阿寺断層北端部の断層谷を南東流する益田川(飛騨川)沿いに、耕地が比較的広く開けており、歴史も古い。かつてはクワの栽培、養蚕が盛んであったが、近年、農業ではトマトなどの栽培が伸びている。畜産が盛んで、飛騨牛の生産は県下有数である。JR高山本線、国道41号、257号が通じる。中心地区萩原の北、上呂(じょうろ)の久津八幡(くづはちまん)宮は南飛騨の総鎮守であり、本殿は室町時代、拝殿は桃山時代の建造物で、ともに国指定重要文化財である。また、境内には樹齢1200年以上といわれる夫婦(めおと)スギがあり、国指定の天然記念物である。中呂(ちゅうろ)の禅昌(ぜんしょう)寺の大スギも国の天然記念物。[上島正徳]
『『萩原町誌』(1962・萩原町) ▽『萩原町史』全4巻5冊(1987~2003・萩原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩原の関連キーワード萩の露萩の戸萩の花萩の餅・萩の餠萩の花摺り萩の餅萩の薫秋田県能代市萩の台奈良県生駒市萩の台萩の屋鳥兼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩原の関連情報