続後撰和歌集(読み)しょくごせんわかしゅう

精選版 日本国語大辞典「続後撰和歌集」の解説

しょくごせんわかしゅう ショクゴセンワカシフ【続後撰和歌集】

鎌倉時代にできた、一〇番目の勅撰集。二〇巻。数は約一三七一首。宝治二年(一二四八)後嵯峨院院宣により藤原為家が撰し、建長三年(一二五一成立。代表歌人は定家・実氏・良経・俊成などで、「新勅撰集」にもれた後鳥羽院・土御門院・順徳院の歌を多くとっているのが注目される。「千載集」「新勅撰集」と共に二条家の三代集とされる。続後撰集

ぞくごせんわかしゅう ゾクゴセンワカシフ【続後撰和歌集】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「続後撰和歌集」の解説

しょくごせんわかしゅう〔シヨクゴセンワカシフ〕【続後撰和歌集】

鎌倉時代の勅撰和歌集。20巻。宝治2年(1248)後嵯峨院の院宣により、藤原為家が撰し、建長3年(1251)成立。歌数約1370首。新古今時代の歌人の歌を多く収録。続後撰集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android