続後撰和歌集(読み)ショクゴセンワカシュウ

  • しょくごせんわかしゅう ショクゴセンワカシフ
  • しょくごせんわかしゅう〔シヨクゴセンワカシフ〕
  • ぞくごせんわかしゅう ゾクゴセンワカシフ

大辞林 第三版の解説

第一〇番目の勅撰和歌集。二〇巻。後嵯峨上皇の命で、藤原為家が撰に当たる。1251年成立。約一三七〇首。平淡な歌風。続後撰集。続後撰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉時代にできた、一〇番目の勅撰集。二〇巻。歌数は約一三七一首。宝治二年(一二四八)後嵯峨院の院宣により藤原為家が撰し、建長三年(一二五一)成立。代表歌人は定家・実氏・良経・俊成などで、「新勅撰集」にもれた後鳥羽院・土御門院・順徳院の歌を多くとっているのが注目される。「千載集」「新勅撰集」と共に二条家の三代集とされる。続後撰集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

続後撰和歌集の関連情報