コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登の揚浜式製塩の技術

デジタル大辞泉プラスの解説

能登の揚浜式製塩の技術

石川県珠洲市に伝わる製塩技術。海水人力でくみ上げて塩田に撒き、塩分濃度をあげてから釜で煮詰めて塩をつくる。江戸時代から続く製法で、2008年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

能登の揚浜式製塩の技術の関連キーワード石川県珠洲市

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android