コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登の揚浜式製塩の技術

1件 の用語解説(能登の揚浜式製塩の技術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

能登の揚浜式製塩の技術

石川県珠洲市に伝わる製塩技術。海水を人力でくみ上げて塩田に撒き、塩分濃度をあげてから釜で煮詰めて塩をつくる。江戸時代から続く製法で、2008年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能登の揚浜式製塩の技術の関連キーワード石川県珠洲市飯田町石川県珠洲市大谷町石川県珠洲市折戸町石川県珠洲市片岩町石川県珠洲市清水町石川県珠洲市高屋町石川県珠洲市蛸島町石川県珠洲市仁江町石川県珠洲市狼煙町石川県珠洲市真浦町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能登の揚浜式製塩の技術の関連情報