人力(読み)ジンリョク

  • じんりき
  • ひとぢから

大辞林 第三版の解説

[0][1] 動力としての、人間の力。 -で動かす
[0] 「人力車」の略。
自然や神の力に対する、人間の力。人間の能力。じんりき。 -の及ぶ所にあらず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 人のちから。人間の能力。じんりょく。
※性霊集‐序(835頃)「高台神構非人力、池鏡泓澄含日暉」
※神皇正統記(1339‐43)下「君の御運をひらきしことは、更に人力といひがたし」
② 力仕事に従う者。人夫。
※参天台五台山記(1072‐73)一「人力七人各与二百文
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「職人をさらべやめて人力(ジンリキ)の車力にでもなりゃアがればいい」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「金閨の姫妾(おきにいり)も、車夫(ジンリキ)の媼妻(やまのかみ)も、貴賤に因て差別ある無し」
〘名〙 =じんりき(人力)
※翁問答(1650)下「世界の内、舟車のいたる所、人力(ジンリョク)の通ずるところ」 〔孟子‐梁恵王・下〕
〘名〙
① 人間の力。人の労力。じんりょく。
※俳諧・風やらい(1801)「露けくはあらぬ庵ぞ人ぢから〈春鴻〉 月をむしろに待ばかりなり〈葛三〉」
② 他人の力。他人の助力。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「他人力(ヒトヂカラ)なんぞを的(あて)にせず」
③ 力を使う者。使役される者。
※書紀(720)斉明二年是歳(北野本訓)「垣(かき)を造る功夫(ヒトチカラ)を費し損(おと)すこと、七万余」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人力の関連情報