人力(読み)じんりき

精選版 日本国語大辞典「人力」の解説

じん‐りき【人力】

〘名〙
① 人のちから。人間の能力。じんりょく。
※性霊集‐序(835頃)「高台神構非人力、池鏡泓澄含日暉」
※神皇正統記(1339‐43)下「君の御運をひらきしことは、更に人力といひがたし」
② 力仕事に従う者。人夫。
※参天台五台山記(1072‐73)一「人力七人各与二百文
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「職人をさらべやめて人力(ジンリキ)の車力にでもなりゃアがればいい」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「金閨の姫妾(おきにいり)も、車夫(ジンリキ)の媼妻(やまのかみ)も、貴賤に因て差別ある無し」

ひと‐ぢから【人力】

〘名〙
① 人間の力。人の労力。じんりょく。
※俳諧・風やらい(1801)「露けくはあらぬ庵ぞ人ぢから〈春鴻〉 月をむしろに待ばかりなり〈葛三〉」
② 他人の力。他人の助力
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「他人力(ヒトヂカラ)なんぞを的(あて)にせず」
③ 力を使う者。使役される者。
※書紀(720)斉明二年是歳(北野本訓)「垣(かき)を造る功夫(ヒトチカラ)を費し損(おと)すこと、七万余」

じん‐りょく【人力】

〘名〙 =じんりき(人力)
翁問答(1650)下「世界の舟車のいたる所、人力(ジンリョク)の通ずるところ」 〔孟子‐梁恵王・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「人力」の解説

【人力】じんりよく

人間の力。〔孟子、梁恵王下〕齊人、を伐ちて之れにつ。宣王問うて曰く、~乘の國を以て乘の國を伐ち、五旬にして之れを擧ぐ。人力は(ここ)に至らざらん。取らずんば、必ず天の殃(わざは)ひらん。之れを取ること何如(いかん)と。

字通「人」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android