コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇三味線 ワキジャミセン

デジタル大辞泉の解説

わき‐じゃみせん【脇三味線】

長唄・浄瑠璃などで、2挺(ちょう)以上の三味線で演奏する場合、立(たて)三味線(首席演奏者)のに座って補佐する演奏者。また、その三味線弾きとしての格式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わきじゃみせん【脇三味線】

長唄・浄瑠璃などで、二人以上の三味線方が一緒に演奏する場合の、第二席の奏者。立て三味線(首席奏者)の隣に座る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脇三味線の関連キーワード鳥羽屋里長長唄ツレ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android