コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈無し病 ミャクナシビョウ

2件 の用語解説(脈無し病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みゃくなし‐びょう〔‐ビヤウ〕【脈無し病】

大動脈に炎症が起こり、内腔が狭くなって血液が流れにくくなるため、手などの脈が触れなくなる病気。眼底血圧の低下やめまい高血圧などの症状もみられる。若い女性に多い。高安(たかやす)病。大動脈炎症候群

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みゃくなしびょう【脈無し病】

頸動脈および手首の動脈の脈拍が消失する疾患。若い女性に多く、原因は不明。大動脈とその主要分枝に病変が起き、脈消失のほかめまい・視力障害・高血圧症などがみられる。高安病。大動脈炎症候群。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈無し病の関連キーワード大動脈大動脈縮窄症脳血栓脳動脈硬化症鼻閉塞高安病粥状硬化大動脈解離大動脈縮窄(COA)大動脈離断