脊柱管(読み)セキチュウカン

デジタル大辞泉 「脊柱管」の意味・読み・例文・類語

せきちゅう‐かん〔‐クワン〕【脊柱管】

脊柱を形成する椎骨ついこつ椎孔の連なりでできる管状の腔。髄膜に包まれた脊髄血管神経が通る。脊椎管

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の脊柱管の言及

【体】より

…この湾曲は,出生10ヵ月ごろ,直立歩行する時期から出現する。 脊柱には脊柱管と呼ばれる上下に長い管があり,その上端は頭蓋骨のなかの広い腔所,頭蓋腔と連続し,神経系の中枢をなす中枢神経(脊髄)をこのなかに保護している。 ヒトが直立歩行を行うようになり,脊柱は地表に対して90度回転して垂直方向をとり,発達した重い脳を脊柱の上端にのせるようになった。…

※「脊柱管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android