椎骨(読み)ついこつ(英語表記)vertebra

翻訳|vertebra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椎骨
ついこつ
vertebra

脊柱を構成する個々の骨をいい,脊柱はこの椎骨と椎間板とが一つおきに連結している。椎骨は椎体椎弓とから成り,その間に椎孔が囲まれており,椎孔は連なって脊柱管となり,その管内に脊髄が通っている。椎骨には関節突起,横突起,棘突起があり,上下の椎骨は関節突起で連結している。脊柱の上から順に頸椎7個,胸椎 12個,腰椎5個,仙椎5個,尾椎3~5個がある。第1頸椎は環椎,第2頸椎は軸椎と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ついこつ【椎骨】

脊椎動物の脊柱(背骨)を形成する骨。ヒトでは頸椎七個、胸椎一二個、腰椎五個、仙椎五個、尾椎三~五個の計三二~三四個がある。個々の椎骨は前部の円柱形の椎体と後部の椎弓とから成り、隣接する椎骨に椎体部で椎間板を介して連結。脊椎。脊椎骨。 → 脊柱

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐こつ【椎骨】

〘名〙 脊椎動物の脊椎を構成する骨。椎間板をはさんで連絡し、身体を支えている。円柱状の椎体、背側の椎弓、およびそれから出る突起からなる。ヒトの場合、その所属する部位により頸椎(けいつい)、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨からなり、仙骨は仙椎五個、尾骨は尾椎三~五個が成長とともに癒合し単一化したものである。
※解体新書(1774)三「夫胸者、居体之中也。其為之者、肋骨、胸骨、椎骨之相擁也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の椎骨の言及

【脊椎】より

…正しくは椎骨という。脊柱つまり背骨を構成する個々の骨。…

※「椎骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椎骨の関連情報