脊髄視床路(読み)せきずいししょうろ(英語表記)spinothalamic tract

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊髄視床路
せきずいししょうろ
spinothalamic tract

脊髄神経に接続する皮膚感覚路の一つ。発生学的に古い伝導路で,皮膚感覚のなかでも痛覚,温度覚,触覚および圧覚などの原始感覚を伝達するといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の脊髄視床路の言及

【脊髄】より

…おもなものに次の三つがある。(1)脊髄視床路 これは皮膚からの温度や痛みの感覚(温覚や痛覚),触覚,圧覚を伝える経路である。これらの感覚は後根繊維により,後角の1層,4層および5層の細胞に伝達される。…

※「脊髄視床路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android