コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚感覚 ひふかんかく cutaneous sensation

6件 の用語解説(皮膚感覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚感覚
ひふかんかく
cutaneous sensation

皮膚をはじめ,口腔,鼻腔,角膜などの粘膜にある感覚受容器によって起る感覚の総称。触覚,圧覚,温覚,冷覚,痛覚の5つに分けられ,それぞれが独自の受容器をもつ。受容器は皮膚などに点状に分布し,感覚点と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひふ‐かんかく【皮膚感覚】

皮膚粘膜などの体表面で受ける感覚。触覚圧覚冷覚温覚痛覚など。
長年、見聞きしている間に身に付いた勘をいう。「不正に敏感に反応する皮膚感覚

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

皮膚感覚【ひふかんかく】

体表面に接触する各種の物理的刺激に対する感覚。触覚,圧覚,温覚,冷覚,痛覚があり,それぞれの感覚器は,マイスネル小体,触小体,ルフィニ小体,クラウゼ小体,自由神経終末とされる。
→関連項目皮膚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひふかんかく【皮膚感覚 cutaneous sensation】

皮膚を刺激したときに生じる感覚をいう。体性感覚の表面感覚に属し,触覚,圧覚,痛覚,冷覚,温覚などの異なった感覚がある。哺乳類では触覚感覚器はマイスネル小体,圧覚感覚器は触小体,冷覚感覚器はクラウゼ小体,温覚感覚器はルフィニ小体,痛覚は自由神経終末であるといわれている。触覚と圧覚は触点(圧点)への機械的刺激により生じるが,前者は順応が速く,後者は順応がおそい。ヒトが触覚で皮膚上の2点を識別できる能力は体の部分によって異なり,口唇部や指先の識別能力が最も高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひふかんかく【皮膚感覚】

皮膚およびこれに接する粘膜で感ずる感覚の総称。冷覚・温覚・痛覚・触覚・圧覚に分けられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮膚感覚
ひふかんかく

皮膚とこれに接する粘膜、および角膜や鼓膜などにおこる感覚で、触圧覚(触覚と圧覚。振動感覚を含めて動き受容感覚という)、温度感覚(温覚と冷覚。ここでは二つを分けて説明する)、痛覚、くすぐったさ、かゆさなどがこれに属する。これらのうち触圧覚、温覚、冷覚、痛覚の四つはそれぞれ独立した感覚であるが、あとの二つ(くすぐったさ、かゆさ)は前の四つの感覚が複合したものとされる。四つの感覚は体表上に点状に分布している皮膚感覚点からおこる。この感覚点は身体部位によって異なるが、平均すると1平方センチメートル当り触圧点は25、温点は0~3、冷点は6~23、痛点は100~200である。
 これらの皮膚感覚を受容器からみると、触圧覚では毛根神経冠、マイスネルMeissner(触覚)小体、メルケルMerkel触覚盤、ファテル‐パチニVater‐Pacini小体、温覚ではルフィニRuffini小体、冷覚ではクラウゼKrause(棍状(こんじょう))小体、痛覚では自由神経終末(特殊な形態をもたない無髄の神経線維末端)が該当するというのが従来の考え方であった。しかし近年、ファテル‐パチニ小体を除き、他の特有な形態をもつ受容器は組織標本作製時の人工産物であるとされるほか、これらには相互に移行型がみられたり、年齢とともに変形したり、さらには神経終末しかない皮膚部位からでも各種の皮膚感覚がおこることが判明してきた。こうしたことから、現在では、皮膚感覚受容器は自由神経終末、被覆性神経終末、非被覆性神経終末の3種類に大別されている。自由神経終末は痛覚受容器、被覆性神経終末はファテル‐パチニ小体をさし、触圧覚の受容器であると認められているが、非被覆性神経終末に総称されるその他の受容器には、感覚特異性が立証されていない。
 皮膚感覚の求心性神経線維(繊維)はAβ(触圧覚)、Aδ(痛覚、冷覚、触圧覚)、C(痛覚、温覚、冷覚、触圧覚)線維である。これらの神経線維は脊髄(せきずい)に入ると、大別して二つの伝導路を上行する。一つは後索、他の一つは前外側索で、前者は触圧刺激の精密な空間的・時間的情報を伝えるのに対し、後者は局在の悪い、大まかな触圧覚と温覚、冷覚、痛覚を伝える。これら二つの伝導路は、視床で三次ニューロンに連結して大脳皮質に達する。大脳皮質では、体性感覚野(中心後回)と体性感覚野(シルビウス裂溝(または大脳外側溝ともいう)の壁)に身体各部位が厳密に対応するように投射されている。[市岡正道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮膚感覚の関連キーワード視覚刺激閾触覚深部感覚冷覚化学感覚感覚中枢光覚痛覚肉感

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮膚感覚の関連情報