コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛覚 ツウカク

4件 の用語解説(痛覚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つう‐かく【痛覚】

痛みの感覚。皮膚の痛点や臓器組織の圧迫・障害などの刺激によって起こる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

痛覚【つうかく】

機械的,化学的,その他異常に強い刺激によって,皮膚,粘膜,骨膜,内臓などに生じる感覚。痛みのこと。他の感覚と異なって適当刺激というべきものはない。強い不快感を伴い,それを回避しようとするため自己防衛に役立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

つうかく【痛覚】

痛みの感覚。皮膚の痛覚・深部痛覚・内臓痛覚に分けられる。 → 痛点

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

痛覚
つうかく

皮膚感覚の一つ。痛覚は、他の皮膚感覚が身体の内外におこったできごとを感じさせるという機能をもつのに対し、加えられた侵害から身体を防御するという機能をもっている。この意味で、痛刺激(痛み刺激)を侵害刺激、それによっておこる痛覚を侵害受容感覚という。
 痛覚受容器は、身体のほとんどすべての組織にみられる自由神経終末(特殊な形態をもたない無髄の神経線維末端)である。痛覚情報はAδ線維系とC線維系との二つの神経系統によって中枢に伝えられる。両線維系は脊髄(せきずい)後角に終わるとニューロンをかえ(このときのシナプス伝達物質はP物質とされている)、反対側の外側脊髄視床路を上行し、視床の後内側腹側核と後外側腹側核とに達する。ここでふたたびニューロンをかえて、大脳皮質中心後回に終わる。大脳皮質は痛みの内容や意味などを明らかにするところで、大脳皮質以下の中枢部位では単に痛みを感じるだけにすぎない。
 痛覚に痛刺激が与えられると、2種類の痛みがおこる。まず初めにはっきりとした、鋭い、局在の明確な痛みがおき、ついで鈍い、うずくような、びまんした不快な痛みが続く。これらをそれぞれ速い痛みと遅い痛み、あるいは第一の痛みと第二の痛みとよび、前者はAδ線維系によって、後者はC線維系によって伝えられる。たとえば、たばこの火を誤って皮膚につけたとき、まず最初におこる刺すような痛みが速い痛みであり、それに続くうずくような痛みが遅い痛みである。感覚受容器には、もっとも敏感に反応する特別な刺激(適当刺激)があるが、痛覚受容器に対する適当刺激は他の感覚受容器の場合ほど特殊ではなく、どんな刺激でも十分に強くて、生体にとって侵害的であれば痛みがおこる。こうした痛みは、刺激によって組織細胞が破壊され、このとき細胞から遊離した化学物質(主としてキニン類)が、痛覚受容器である自由神経終末を刺激することによって生じるとされている。つまり痛覚は一種の化学感覚であるともいえる。
 痛覚は全身のほとんどの組織や臓器でおこるが、部位に応じて表面痛覚、深部痛覚、内臓痛覚の三つに分けられる。表面痛覚は皮膚や粘膜におこる痛覚である。深部痛覚は体表と内臓臓器の中間組織、つまり筋、骨膜、関節などにおこる痛覚で、表面痛覚と違って局在がはっきりせず、吐き気を催したり発汗や血圧変動などを伴う。このうち筋痛(筋肉痛)は、血流不全の状態で筋が収縮を続けるとおこるもので、筋内に蓄積されたキニンやカリウムがその原因とされる。筋痛の好例は狭心症の痛みである。内臓痛覚は内臓臓器に由来する痛みで、深部痛覚と同じく局在は不明確で、不快感、吐き気、血圧変動をおこすほか、当該臓器と一定関係にある皮膚部位に関連痛をおこすことがある。
 なお、近年は、生体には鎮痛作用をもった内因性活性物質があることがわかり、それがペプチドpeptideであることから、これをオピオイド・ペプチドopioid peptidesとよんでいる。エンケファリンenkephalinやエンドルフィンendorphinなどの物質がその好例である。[市岡正道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の痛覚の言及

【痛み】より

…神経系に異常があって,危害が加わらないのに起こることもある。痛覚pain sensationともいう。
[痛みの意義]
 痛みは通常,外からの危害を避けるための無意識的な反射活動を伴う。…

※「痛覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

痛覚の関連キーワード化学的感覚刺激療法昏眠癇性機械的風化生物化学分析生理学的反応除神経の法則ブローカ‐ズルツァー現象まめ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

痛覚の関連情報