コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎杯 じんぱいrenal calix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎杯
じんぱい
renal calix

腎臓の中央部にある嚢状腎盤からは,腎実質に向って杯状の導管が7~10個出ており,それぞれ腎乳頭を包んで,腎実質からの尿を腎盤に導く働きをする。これを腎杯という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の腎杯の言及

【腎臓】より

…ここには,腎動静脈および尿管の上端がふくらんでできた腎盂(じんう)(腎盤)と,その間をうめる脂肪組織が存在する。腎盂は2~3個の大腎杯に分かれるが,それはさらに7~14個の小腎杯に分かれており,腎実質から突出している腎乳頭の先端に連結し,腎実質で生成された尿を受ける(図4)。 腎臓の断面を観察すると,表面は脂肪組織と繊維被膜に包まれており,実質のうち表面に近い部分を皮質,内部を髄質と呼ぶ。…

※「腎杯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android