コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎実質 ジンジッシツ

デジタル大辞泉の解説

じん‐じっしつ【腎実質】

腎臓実質糸球体尿細管など、血液を濾過して尿をつくる機能を担う部分をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

じんじっしつ【腎実質】

 腎臓の構造は、さまざまな腎臓のはたらきをする実質的な組織である腎実質と、腎実質に囲まれたすき間で、尿路(にょうろ)(尿の流れる道)の一部でもある腎盂(じんう)・腎杯系(じんぱいけい)とに大きく分けることができます。
 腎実質は血液を濾過(ろか)し、きれいにするところで、からだに不要な水分と成分を含む尿をつくります。腎実質には、血液の濾過装置である糸球体(しきゅうたい)と、尿成分の調節を行なって、からだのバランスを保つ尿細管(にょうさいかん)があります。
 腎動脈(じんどうみゃく)は、腎実質の中で何回も枝分かれして、最終的に丸い糸くずのかたまりのような毛細血管になります。これが糸球体で、ここで血液が濾過され、尿のもとになる原尿(げんにょう)がつくられて、尿細管に流れ込みます。
 原尿には、からだが必要とするぶどう糖やアミノ酸などの栄養素も含まれており、必要に応じて尿細管で再吸収されて、血液の中にもどされます。さらに、尿細管の細胞の中では不要な酸がつくられ、尿の中に排泄(はいせつ)されます。こうして、からだの外に排泄される最終的な尿ができます。
 1個の糸球体と、それに続く1本の尿細管を1つのユニットとして、これをネフロンといいます。人間の腎臓には、片方だけで約100万個のネフロンがあるといわれています。腎実質は「ネフロンと、糸球体に入っては出ていく血液を運ぶための無数に枝分かれした血管のかたまり」といってよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

腎実質の関連キーワードアルバランの法則(臨床医学)腎性高血圧/腎血管性高血圧ギヨン‐アルバランの法則腎臓のしくみとはたらき腎盂腎炎(腎盂炎)腎盂がん/尿管がん腎がんのいろいろ膀胱尿管逆流症腎盂・尿管腫瘍急性腎盂腎炎慢性腎盂腎炎多発性嚢胞腎先天性水腎症単純性腎嚢胞腎周囲膿瘍腎盂腎炎水腎症腎不全腎損傷腎腫瘍

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android