腰仙神経叢障害

  • 腰仙神経叢障害(神経叢障害)

内科学 第10版の解説

(2)腰仙神経叢障害(lumbosacral plexopathy)
 腰仙神経叢はT1からS3の神経根からなるが,坐骨神経を構成するL4〜S2の障害が多い.骨盤内腫瘍,子宮疾患,腹部大動脈瘤などが原因とされてきたが,近年は糖尿病患者に下肢近位筋の脱力をきたす型が増加しており糖尿病性筋萎縮症あるいは糖尿病性近位運動ニューロパチー(L2〜L4成分の虚血性障害)とよばれる.[桑原 

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android