桑原(読み)クワバラ

  • くわばら くは‥
  • くわばら くはばら
  • くわばら〔くは〕
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

桑を植えた広い畑。桑田。
(「くわばら、くわばら」の形で、感動詞的に)
㋐落雷を防ぐために唱えるまじない。
㋑嫌なことや災難を避けようとして唱えるまじない。
[補説]死後雷神となったという菅原道真の領地原には落雷がなかったところからという。また、雷神が農家井戸に落ちて農夫にふたをされてしまったとき、雷神が「自分は桑の木が嫌いなので、桑原と唱えたなら二度と落ちない」と誓った、という伝説によるともいう。
姓氏の一。
[補説]「桑原」姓の人物
桑原隲蔵(くわばらじつぞう)
桑原武夫(くわばらたけお)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 桑の木を植えた広い畑。
※新撰六帖(1244頃)六「わぎも子がこやのえびらの数おほみあまたしめつる園の桑はら〈藤原知家〉」
[2] 〘感動〙
① 落雷を防ぐという呪文(じゅもん)。多くは「くわばら、くわばら」と重ねていう。
※謡曲・道成寺(1516頃)「『桑原桑原』『揺り直せ揺り直せ』『さてもさても夥(おびただ)しう鳴ったが、まづは不思議なことぢゃ』」
② いやな事を避けようとする時にとなえる呪文。
※滑稽本・口豆飯茶番楽屋(1816)下「あたまをおさへて顔をしかめ、くわばらくわばら」
(「くわはら」とも) 姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の桑原の言及

【加茂[町]】より

…吉井川支流の加茂川流域に位置し,町域の大部分は中国山地脊梁部の山地が占める。加茂川と倉見川の合流点にある谷口集落の小中原を中心として発展してきたが,昭和初期の国鉄因美線開通後は駅前の桑原に中心が移った。加茂川上流の加茂谷は農業不振の地で近世末期には百姓一揆が頻発し,〈強訴谷〉ともいわれた。…

※「桑原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑原の関連情報