自ら直きの箭を恃まば百世矢無からん(読み)ミズカラナオキノヤヲタノマバヒャクセイヤナカラン

  • 自(みずか)ら直(なお)きの箭(や)を恃(たの)まば百世(ひゃくせい)矢(や)無(な)からん

デジタル大辞泉の解説

《「韓非子顕学から》を加えないで天然のままでまっすぐなができるのを待っていたら、百代たっても矢は得られないだろう。生まれながらに完全な人はいないということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android