コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己潤滑複合材 じこじゅんかつふくごうざいself lubricating composite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己潤滑複合材
じこじゅんかつふくごうざい
self lubricating composite

固体潤滑複合材ともいう。潤滑剤が使用できないような過酷な条件下でも,部材自体で潤滑性能が維持できるように開発された素材。二硫化モリブデン,グラファイトなどの固体潤滑剤高分子材料との混合物を射出成型して製造したものと,金属粉との混合物を燒結して製造したものとがある。高分子系のものは,室温近傍での潤滑性がよく,ころがり軸受の保持器,歯車などに使用されている。金属系のものは,耐熱性,耐放射線性にすぐれており,原子力用部品の中に組込まれ使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android