混合物(読み)コンゴウブツ

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐ぶつ〔コンガフ‐〕【混合物】

2種以上のものがまじって一つとなったもの。特に、それらの間に強い化学結合を生じないでまじり合ったもの。化合物に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

混合物【こんごうぶつ】

2種以上の物質が混ざったもの。各成分がさまざまな比率で存在し得ること,混合しても成分の性質はそのままであることなどによって化合物と区別される。また混合物は物理的な手段によってもとの成分に分離することができる。たとえば空気は酸素と窒素を主成分とする混合物であるが,水は水素原子2に酸素原子1の一定比率で化学結合した化合物である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうぶつ【混合物 mixture】

2種以上の物質がたがいに化学結合せずに混じっているもので,化合物に対する語である。空気や砂糖水のような均一なものと,土砂や水のような不均一なものがある。たとえば,砂糖水はショ糖と水という異種の分子が混じってできていて,外見は無色透明で水だけと区別がつかず,どの部分をとっても甘みなど同じ性質を示し,水の性質とショ糖の性質の両方をもっている。しかし砂糖水を加熱すると水だけが水蒸気になって分かれてきて,残った砂糖水の濃度は高くなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうぶつ【混合物】

二種以上の異なる物質が化学結合をせずに混じり合ったもの。空気や食塩水のような均一系と、土砂や泥水のような不均一系とがある。 → 化合物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混合物
こんごうぶつ
mixture

2種以上の物質が互いに結合せずに単に混ざり合って存在しているものをいう。化合物に対する語。砂糖は水に溶けて砂糖水になり、そのどの部分をとっても砂糖水としての均一な性質を示す。空気でも同じく、窒素、酸素、二酸化炭素、希ガスなどが混じり合い、どの部分をとっても同じ性質を示す。しかしこれらは、濾過(ろか)、蒸留、再結晶、冷却などの物理的手段によっていくつかの物質に分けることができるし、またそれらをふたたび混ぜ合わせて混合物とすることができる。これらの砂糖水や空気などが混合物である。これらは均一な混合物であるが、これに対し固体の砂糖と食塩を混ぜたものは見かけは均一であっても実際には不均一な混合物である。
 このような混合物に対し、酸素と水素の化合した水分子は、単に酸素と水素とを混合したものではなく、普通に酸素と水素に分けることはできず、化合物といっている。1種類の単体または化合物のみからなる物質を純物質といっている。純物質は固有の融点、沸点などをもつが、混合物ではほとんどつねに低くなっている。このため、融点、沸点などの測定で、混合物であるか化合物であるかを判定できることが多い。水素結合や電子移動力など、比較的弱い結合力で異種分子間に相互作用があるときは、化合物と混合物との区別が多少あいまいになっているときもある。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混合物の関連情報