コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然成長率 しぜんせいちょうりつnatural rate of growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然成長率
しぜんせいちょうりつ
natural rate of growth

労働生産性の増加率と労働人口の増加率を加えたもの。 R.F.ハロッドにより導入された。労働生産性の増加率は,ときには技術進歩率とも呼ばれる。実質国民所得を雇用労働量で割った比率として経済全体の労働生産性を考えるならば,労働の完全雇用が実現しているためには現実の実質国民所得の成長率は自然成長率に等しくなければならない。自然成長率は資本設備の完全利用のもとで成立する実質国民所得の成長率,すなわち保証成長率とは区別されなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんせいちょうりつ【自然成長率】

経済で、労働人口の成長率と技術進歩率(労働の生産性の増加率)によって可能な成長率。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自然成長率の関連キーワードアンティノミー理論パシネッティ投資の二重性X%ルール経済成長分配

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android