コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然成長率 しぜんせいちょうりつ natural rate of growth

2件 の用語解説(自然成長率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然成長率
しぜんせいちょうりつ
natural rate of growth

労働生産性の増加率と労働人口の増加率を加えたもの。 R.F.ハロッドにより導入された。労働生産性の増加率は,ときには技術進歩率とも呼ばれる実質国民所得を雇用労働量で割った比率として経済全体の労働生産性を考えるならば,労働の完全雇用が実現しているためには現実の実質国民所得の成長率は自然成長率に等しくなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しぜんせいちょうりつ【自然成長率】

経済で、労働人口の成長率と技術進歩率(労働の生産性の増加率)によって可能な成長率。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然成長率の関連キーワード全要素生産性労働生産性人口分布ベインブリッジ反射膨張率自然増収自然増加率付加価値増加率増え続ける前立腺がん人口増加率