コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由リズム じゆうリズムfree rhythm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由リズム
じゆうリズム
free rhythm

音楽のリズムのあり方のなかで,規則的に回帰する明確な拍節をもたないリズムをさす。固定リズムの対概念。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の自由リズムの言及

【リズム】より

…西欧の舞曲や古典派・ロマン派の音楽を支配したリズムのタイプで,18世紀末の理論書では最も基礎的なリズムとして扱われた。また,拍群が一定の周期で反復するのではなく,いろいろな拍群をもつもの,また,拍が不明確なものなど種々のタイプが考えられ,とくにグレゴリオ聖歌のように拍が不明確なリズム法を無拍リズム(自由リズム)と呼ぶことがある。 リズムは西欧音楽においては形式構造のうえで大きな役割を果たしてきた。…

※「自由リズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

自由リズムの関連キーワード中央アジア音楽ビザンチン音楽アラビア音楽ペルシア音楽モンゴル音楽ダストガー民族音楽狂言小歌トーガニ閑拍子アヤグ音楽

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android