コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由応募・学校推薦

1件 の用語解説(自由応募・学校推薦の意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

自由応募・学校推薦

「自由応募」は、自分で自由に希望する企業にエントリーする方法。「学校推薦」は、学校から推薦枠がある企業への推薦状をもらい、エントリーする方法。文系の学生はほとんどが自由応募による就活になりますが、理工系では学校推薦も少なくありません。自由応募はリクルーター制や推薦制と違って、マイナビのような就職情報サイト企業サイトで募集内容が公開されているので、誰でも応募できます。それだけ競争率も高くなりますが、自由に行きたい業界や企業を選べるというメリットがあります。理工系学生も、最近はいろいろと制約の多い推薦を嫌って、自由応募でトライする学生が増えてきました。学校推薦の場合、競争率も低く、わりと確実な就職ルートに思われます。しかし、大学側が企業に対して「その会社を第一志望に考えている、優秀な学生」を推薦するという意味ですから、内定が出た場合、安易に辞退することはできません。辞退した場合は、来年以降、大学にその企業の推薦枠が来なくなる可能性があります。大学の信用を失墜させるだけでなく、後輩たちの就職の道を閉ざすことにもなりかねないので、推薦をもらうときはそれなりの“責任”を覚悟してください。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由応募・学校推薦の関連キーワード自由連想法応募理由アクティブバース自選自由営業自由花自由競争フリータイムオープンエントリー自由三昧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone