コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌打ち シタウチ

デジタル大辞泉の解説

した‐うち【舌打ち】

[名](スル)
舌を上あごに当てて、ちっと鳴らすこと。いまいましさや、いらだちを表すしぐさ。「いかにも残念そうに舌打ちする」
したつづみ。
「一膳めしに―鳴らすか」〈独歩・非凡なる凡人〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したうち【舌打ち】

( 名 ) スル
舌を上顎うわあごに当ててはじき鳴らすこと。
残念な気持ちや不愉快な気持ちなどを表す動作。 「口惜しそうに-する」
美味なものを味わったりするときの動作。舌鼓したつづみ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舌打ちの関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖他・咤・多・太・汰エミー・フォン・N叱する・叱する馬術競技用語コイン語族舌鼓を打つ咄∥噺∥話ウグイスチック口蹄疫ちぇっ吸着音上顎笑い舌鼓あご動作咄嗟咄咄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌打ちの関連情報