コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟生釣浜 ふなう ちょうひん

1件 の用語解説(舟生釣浜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舟生釣浜 ふなう-ちょうひん

?-? 江戸時代後期の儒者。
江戸の風流文人。寛政9年(1797)漢文笑い話「笑門(しょうもん)」をあらわした。名は備成,満成。字(あざな)は栄卿。別号に浜釣散人。著作はほかに「左伝杜解補袽(さでんどかいほじょ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

舟生釣浜の関連キーワード新井稲亭伊藤板渓大草振鷺佐藤東斎菅新菴高橋竜蔵鳥取大武丹羽雲気広沢文斎村瀬櫟園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone