コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟肘木 フナヒジキ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐ひじき〔‐ひぢき〕【舟肘木】

舟形の肘木。また、この肘木で斗(ます)(斗形)を用いず直接桁(けた)を受ける形式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなひじき【舟肘木】

〘建〙 斗栱ときようの一。柱上で、斗をのせないで直接桁を受ける舟形の肘木。船形肘木。 → 肘木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の舟肘木の言及

【建築組物】より

…斗と肘木との組合せ方によっていろいろの名称がある。柱上に肘木をおくだけのものを舟肘木,斗一つの上に肘木をおくものを大斗(だいと)肘木,その上に斗を三つおくものを三斗(みつど)組という。壁から直角に前方へ出たものを手先(てさき)の組物といい,三斗組で前方に肘木を出し,先に斗をのせたものを出三斗(でみつど),その先の斗の上に1組の斗と肘木をのせたものを出組(でぐみ)という。…

※「舟肘木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舟肘木の関連キーワード建築組物組物

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android