(読み)ケタ

  • girder
  • こう
  • 桁 girder
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

家などで、柱の上に横に渡して垂木(たるき)を受ける材。梁(はり)と打ち違いになる。
橋で、柱脚上の長手方向にあって橋板を支える水平材。はしげた。
そろばんの珠(たま)を縦に貫く串(くし)のような棒。
位取り記数法によって数を表したときの、並んでいる数の位置。位(くらい)。「を間違える」
常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]けた
〈けた〉
柱や橋脚などの上にかけわたす横木。「軒桁橋桁
そろばんの玉をつらぬく棒。転じて、数の位。くらいどり。
〈コウ〉衣装掛け。「衣桁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

建物,橋などにおいて,屋根,床などの荷重を柱,橋脚などの鉛直部材まで伝えたり,柱上部を拘束する目的で水平にかけわたされた部材の名称元来は,水平部材のうち,構造物の短辺方向にかけわたしたものを梁(はり),梁に交差する方向に配置され,梁を受ける部材を桁と呼んでいた。最近では特別な場合を除き区別しないことが多いが,木造建築においては,梁と区別し,小屋梁および垂木を受ける部材を指し,用途または部位を冠して,敷桁,軒桁などと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

建物・橋などで柱・橋脚などの上に横に渡して上部の構造体をささえる横架材。 橋- 井-
数値をある進法に従い、アラビア記数法に準じて表記したときの、各数字の並びの位置。また、並びの個数を数える単位。 有効数字四- 三-の数
そろばんの珠たまを貫く棒。
[句項目] 桁が違う 桁がはずれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

橋や建物などの構造物の柱頭をつなぎ、上部の荷重を支える水平部材。特に、木造の日本建築では、棟(むね)と平行に渡して垂木(たるき)を受けるものをいい、棟と直角に渡す梁(はり)と区別する。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水平にかけ渡された梁(はり)で、とくに大規模なもの、構成が複雑なもの、または他の梁を支持する役割を果たすものをいう。梁形式の橋を桁橋(けたばし)といい、主桁、縦桁および横桁で構成される。木造真壁(しんかべ)造や大壁(おおかべ)造では、軒に沿う方向の外周柱の上に水平にかけ渡される横材で、柱頭を連結し、かつ小屋梁や小屋トラスの端部を支持するものを軒桁という。[中村恒善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 家や橋などの柱の上に渡してその上にのせる梁(はり)を受けさせる材木。桁貫。
※万葉(8C後)一一・二六四四「小墾田(をはりだ)の板田の橋の壊れなば桁(けた)より行かむな恋ひそ吾妹(わぎも)
② かたわら。そば。
※堀河百首(1105‐06頃)春「とりつなげ玉田横野の放れ駒つつじがけたにあせみ花咲く〈源俊頼〉」
③ そろばんの珠を貫く縦の串。また、そろばんの位取り。
※浮世草子・好色万金丹(1694)五「そろばんの桁(ケタ)が違ふた」
④ 一、十、百、千などの数の位。位取り。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「国を富ますが専要と、胸勘定の桁(ケタ)をつばめて」
⑤ 「ほげた(帆桁)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 木または鉄製の枠でできた漁具。海底をひきまわし、これについている爪(つめ)で貝類をかきおこし、また、テングサなどをかきとる。→桁網(けたあみ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【社寺建築構造】より

…なかには双堂(ならびどう)のように,二つの屋根の軒先を接するようにして奥行きの深い建物をつくる例もある。屋根の棟に平行な方向を桁行(けたゆき)と呼び,これと直角な方向を梁行(はりゆき)と呼ぶ。また出入口が桁行方向の側面にあるものを平入り(ひらいり),梁行の側面にあるものを妻入り(つまいり)と呼ぶ。…

※「桁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桁の関連情報