コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ケタ

9件 の用語解説(桁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けた【桁】

家などで、柱の上に横に渡して垂木(たるき)を受ける材。梁(はり)と打ち違いになる。
橋で、柱脚上の長手方向にあって橋板を支える水平材。はしげた。
そろばんの珠(たま)を縦に貫く串(くし)のような棒。
位取り記数法によって数を表したときの、並んでいる数の位置。位(くらい)。「間違える

こう【桁】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]けた
〈けた〉
柱や橋脚などの上にかけわたす横木。「軒桁橋桁
そろばんの玉をつらぬく棒。転じて、数の位。くらいどり。
〈コウ〉衣装掛け。「衣桁

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桁【けた】

家屋,橋などで柱・壁・橋脚などの上にかけ渡し,他の部材を受ける横木をいう。洋風木造などで煉瓦の上などに渡して梁(はり)をささえる敷桁,建物の長手方向にかけた軒桁,下屋(げや)をささえる縁桁など種々ある。
→関連項目懸魚桁橋小屋組み肘木連続橋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カラム」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けた【桁 girder】

建物,橋などにおいて,屋根,床などの荷重を柱,橋脚などの鉛直部材まで伝えたり,柱上部を拘束する目的で水平にかけわたされた部材の名称。元来は,水平部材のうち,構造物の短辺方向にかけわたしたものを梁(はり),梁に交差する方向に配置され,梁を受ける部材を桁と呼んでいた。最近では特別な場合を除き区別しないことが多いが,木造建築においては,梁と区別し,小屋梁および垂木を受ける部材を指し,用途または部位を冠して,敷桁,軒桁などと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けた【桁】

建物・橋などで柱・橋脚などの上に横に渡して上部の構造体をささえる横架材。 「橋-」 「井-」
〘数〙 数値をある進法に従い、アラビア記数法に準じて表記したときの、各数字の並びの位置。また、並びの個数を数える単位。 「有効数字四-」 「三-の数」
そろばんの珠たまを貫く棒。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

けた【桁】

橋や建物などの構造物の柱頭をつなぎ、上部の荷重を支える水平部材。特に、木造の日本建築では、棟(むね)と平行に渡して垂木(たるき)を受けるものをいい、棟と直角に渡す梁(はり)と区別する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


けた

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けた
girder

水平にかけ渡された梁(はり)で、とくに大規模なもの、構成が複雑なもの、または他の梁を支持する役割を果たすものをいう。梁形式の橋を桁橋(けたばし)といい、主桁、縦桁および横桁で構成される。木造真壁(しんかべ)造や大壁(おおかべ)造では、軒に沿う方向の外周柱の上に水平にかけ渡される横材で、柱頭を連結し、かつ小屋梁や小屋トラスの端部を支持するものを軒桁という。[中村恒善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【社寺建築構造】より

…なかには双堂(ならびどう)のように,二つの屋根の軒先を接するようにして奥行きの深い建物をつくる例もある。屋根の棟に平行な方向を桁行(けたゆき)と呼び,これと直角な方向を梁行(はりゆき)と呼ぶ。また出入口が桁行方向の側面にあるものを平入り(ひらいり),梁行の側面にあるものを妻入り(つまいり)と呼ぶ。…

※「桁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桁の関連キーワード節点今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂地坪梟帥・建建て・建チェリー花菱梟帥延坪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桁の関連情報