肘木(読み)ひじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肘木
ひじき

建築用語。 栱 (きょう) ともいい, (と) と組合せて斗 栱を形成し,柱上にあって桁 (けた) と軒を支えるための横木。通 (とおり) 肘木,実 (さね) 肘木などがあり,法隆寺には雲形肘木と呼ばれる特異な形式も残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

肘木【ひじき】

日本建築で,斗(ます)とともに組物を構成し(斗【きょう】(ときょう)),柱の真上にある(けた)を支える。用いられる場所と形態により舟肘木,さし肘木,実(さね)肘木等種々ある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひじき【肘木】

社寺建築で、斗ますとともに斗栱ときようを構成する腕木状の水平材。斗、または桁けたを受ける。位置や施された彫刻によってさまざまな種類がある。
き臼うすの取っ手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひじ‐き ひぢ‥【肘木】

〘名〙
① 宮殿・社寺などの建築の組物を構成する一要素。斗(ます)や桁(けた)を支える横木。うでぎ。雲肘木・通り肘木・枠(わく)肘木・実(さね)肘木など、種類が多い。〔十巻本和名抄(934頃)〕
碾臼(ひきうす)の取手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の肘木の言及

【建築組物】より

…中国系建築の柱上にある斗(ます)と肘木(ひじき)とからなり,軒の重荷をささえる部分をいう。斗栱(ときよう),斗組(ますぐみ)などともいう。…

※「肘木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android