コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良因 りょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良因 りょういん

?-? 室町時代の画僧。
筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。京都にすみ,周文にまなんで水墨の観音図をえがいた。号は雲甫,雲甫斎,周苦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良因の関連情報