コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花蓮の忠烈祠 かれんのちゅうれつし

世界の観光地名がわかる事典の解説

かれんのちゅうれつし【花蓮の忠烈祠】

台湾島中央部の東海岸(太平洋岸)の花蓮(ホワレン)市郊外、美崙山の南側の山腹に建っている中国様式の建造物。花蓮駅から徒歩15分ほどの美崙山公園の中にある。かつての日本統治時代に花蓮港神社があったところに忠烈祠が建てられ、鄭成功(ていせいこう)や、日清戦争後の台湾の日本割譲に抵抗した劉永福(りゅうえいふく)、丘逢甲(きゅうほうこう)らをはじめ、戦争で命を落とした将兵の霊が祀られている。境内からは、花蓮の町並みや港の景色が見渡せる。◇忠烈祠は台湾各地にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

花蓮の忠烈祠の関連キーワード劉永福丘逢甲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android