コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境内 ケイダイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐だい【境内】

境界の内側。区域内。
特に、神社寺院の敷地内。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいだい【境内】

社寺の建物を中心に,種々の宗教行事を行うためのしきりの内側。境内は古来から無税地が原則で,また守護不入の地として俗権の及ばぬところが多く,軍兵の乱入,喧嘩口論,乱妨狼藉(らんぼうろうぜき),生類の殺生が禁ぜられ,社寺宰領にまかせられた。境内は神聖にしていわば平和な場所で,祭礼法会(ほうえ)の当日,中世以来種々の芸能がよく興行された。能や狂言,流鏑馬(やぶさめ),犬追物軽業(かるわざ),相撲,浄瑠璃,芝居,見世物,ときには博奕(ばくち)の興行がそれであり,とくに近世になると,祭礼当日の境内は庶民の解放の場となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいだい【境内】

〔漢音〕
境界より内側。特に、神社や寺院の仕切りの内側。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

境内の関連キーワード新田義貞挙兵伝説地丹生都比売神社境内宮城県白石市斎川阿弥陀浄土院跡上賀茂神社境内男山八幡宮境内朝鮮通信使遺跡西本願寺境内銀閣寺旧境内下鴨神社境内若草伽藍跡北野大茶湯冷泉為相墓石橋瓦窯跡法華寺境内沖ノ島遺跡法起寺境内老司瓦窯跡奉納相撲生田の森

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境内の関連情報