芽鱗(読み)ガリン

大辞林 第三版の解説

がりん【芽鱗】

植物の冬芽を包んでいる鱗片りんぺん状の葉。鱗片葉りんぺんよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐りん【芽鱗】

〘名〙 樹木の冬芽を包んでいる鱗状の器官。
※生物学語彙(1884)〈岩川友太郎〉「Bud-scale 芽鱗」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の芽鱗の言及

【芽】より

… 落葉樹では秋に落葉のあと冬芽が残るので,冬芽は目だつことが多い。冬芽はふつうすでにたくさんの葉をもち,とくに外側を覆う数枚から多数の葉は成熟した鱗片葉(この場合は芽鱗ともいう)となっていることが多い。鱗片葉は小さく硬いことが多く,芽の内方にある若い小さな普通葉の葉原基,あるいは花や花序の原基を冬のあいだ保護する働きをもつ。…

※「芽鱗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android