コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽鱗 ガリン

デジタル大辞泉の解説

が‐りん【芽×鱗】

葉または花になるを覆って保護するうろこ状の小片

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がりん【芽鱗】

植物の冬芽を包んでいる鱗片りんぺん状の葉。鱗片葉りんぺんよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の芽鱗の言及

【芽】より

… 落葉樹では秋に落葉のあと冬芽が残るので,冬芽は目だつことが多い。冬芽はふつうすでにたくさんの葉をもち,とくに外側を覆う数枚から多数の葉は成熟した鱗片葉(この場合は芽鱗ともいう)となっていることが多い。鱗片葉は小さく硬いことが多く,芽の内方にある若い小さな普通葉の葉原基,あるいは花や花序の原基を冬のあいだ保護する働きをもつ。…

※「芽鱗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

芽鱗の関連キーワードオオカメノキサワグルミイワシデハンノキヤナギ科ハシバミポプラヤナギ振袖柳異形葉鱗片葉冬芽