コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬芽 トウガ

デジタル大辞泉の解説

とう‐が【冬芽】

晩夏から秋に形成され、休眠・越冬して、春に伸びて葉や花になる。寒さを防ぐため鱗片(りんぺん)でおおわれている。ふゆめ。⇔夏芽(かが)

ふゆ‐め【冬芽】

とうが(冬芽)」に同じ。 冬》「飛騨(ひだ)人の培ふ桐の―かな/普羅

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうが【冬芽】

夏から秋にかけて作られ、越冬する芽。ふゆめ。 → 夏芽かが

ふゆめ【冬芽】

とうが(冬芽) 」に同じ。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の冬芽の言及

【休眠】より

… 休眠芽というのは頂芽が活発に生長している間その枝上にあって活動せずに休眠している側芽で,一般に頂芽を除去すればただちに生長を始める。多年生草本や樹木では,越冬するために小型の葉からなる冬芽がつくられ,冬芽を形成しない熱帯植物もまた乾季に休眠芽をつくる。休眠芽が再度生長を開始する条件は個々の場合で異なり,永久に休眠する芽もある。…

【芽】より

…一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。芽は冬季に活動を停止して休眠することが多く,このような芽は休眠芽(休芽)とよばれ,ふつう冬季にみられるので冬芽(とうが∥ふゆめ)ともよばれる。しかし秋から春にかけて緑の葉をもち夏に休眠芽の状態となる植物(たとえばオニシバリ)もある。…

【芽】より

…一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。芽は冬季に活動を停止して休眠することが多く,このような芽は休眠芽(休芽)とよばれ,ふつう冬季にみられるので冬芽(とうが∥ふゆめ)ともよばれる。しかし秋から春にかけて緑の葉をもち夏に休眠芽の状態となる植物(たとえばオニシバリ)もある。…

※「冬芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冬芽の関連キーワードスズカケノキ(篠懸の木)キリンソウ(黄輪草)タカノツメ(鷹の爪)トチノキ(栃∥橡)ヒンジモ(品字藻)アカマツ(赤松)クロマツ(黒松)シラカバ(白樺)トウヒ(唐檜)ヒトツバカエデアブシジン酸ハクウンボクキクガラクササワグルミノタヌキモロウソク芽ツガ(栂)ハナガガシマンサク江崎誠致

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬芽の関連情報