コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎割病(クリムソンクローバ)

1件 の用語解説(茎割病(クリムソンクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

茎割病(クリムソンクローバ)

主に葉柄、茎、花軸に発生する糸状菌病。病斑は黒褐色紡錘形、長さ1-3cmで、しばしば陥没して中央部から裂け、その部分から葉などが垂れ下がることが多い。病原菌は冷涼多湿条件を好み、主に北海道で春および秋に発生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茎割病(クリムソンクローバ)の関連キーワードすす穂病(ソルガム・スーダングラス)斑点病(ライムギ)斑点病(アカクローバ)茎割病(アカクローバ)斑点病(シロクローバ)火ぶくれ病(シロクローバ)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)斑点病(サブタレニアンクローバ)輪紋病(トレフォイル)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone