コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎割病(クリムソンクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

茎割病(クリムソンクローバ)

主に葉柄、茎、花軸に発生する糸状菌病。病斑黒褐色紡錘形、長さ1-3cmで、しばしば陥没して中央部から裂け、その部分から葉などが垂れ下がることが多い。病原菌は冷涼多湿条件を好み、主に北海道で春および秋に発生する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android