茶羽織(読み)ちゃばおり

百科事典マイペディア「茶羽織」の解説

茶羽織【ちゃばおり】

(まち)がなく,腰がかくれる程度のの短い羽織。半反で1着できる。また広幅もので,従来の羽織の形にとらわれずに作ったものを変り茶羽織という。第2次大戦後ふだん着として作られたが,現在はほとんど用いられない。
→関連項目羽織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「茶羽織」の解説

ちゃ‐ばおり【茶羽織】

〘名〙
① 茶人が着た短い羽織。
② 丈が腰のあたりまでの、女性用の短い羽織。襠(まち)を入れず、半反で一着できる。〔図解服飾事典(1955)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「茶羽織」の解説

ちゃ‐ばおり【茶羽織】

婦人用の丈の短い羽織。まちがつかず、共布のひもをつける。半反で作れるので半反羽織ともいう。もと、茶人が用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の茶羽織の言及

【改良服】より

…1899年実践女学校では,木綿製の細い矢絣に筒袖または短めの元禄袖,長い丈の校衣(制服)が制定されるなど,明治末期から大正にかけて和服にもさまざまな考案がなされたが,一般化しなかった。第2次大戦中に,袖の短い腰丈の着物に下はもんぺという標準服が制定され,日常着となったが,戦後はふたたび従来の着物に戻り,短い丈の茶羽織など個々に改良がなされた。しかし,伝統的な着物の形は現在も変化していない。…

【羽織】より

…羽織丈は町人が着るようになると変化があらわれ,元禄は短く,元文(1736‐41)には着物と同寸ほどの長さとなり,長い羽織ひもを垂らして先端を小さく結び文金風,宮古路風と呼ばれて流行したが,時代によって長短繰り返している。 第2次世界大戦前は1反で羽織を作ったが,戦後は衣料欠乏によって半反で1枚ができる,丈の短い茶羽織が流行した。これに影響をうけて羽織用には9m前後の羽尺(はじやく)が市販されるようになった。…

※「茶羽織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android