茶人(読み)サジン

大辞林 第三版の解説

さじん【茶人】

ちゃじん【茶人】

〔「さじん」とも〕
茶の湯にたずさわる人。茶道に明るい人。
風流な人。また、浮き世ばなれのした、一風変わった人。ものずき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐じん【茶人】

〘名〙 茶の湯を好む人。茶道に通じている人。また、変わった好みの人。風流人。ちゃじん。

ちゃ‐じん【茶人】

〘名〙
① 茶の湯を好む人。茶道に通じた人。茶道の宗匠さじん。
※雍州府志(1684)八「宗春茶人也」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「さすが茶人の妻、物数寄も能く気も伊達(だて)に」
② 一風変わったことを好む人。ものずき。好事家(こうずか)。粋狂人。風流人。さじん。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)上「おらが若旦那にほれるとは〈略〉とんだちゃじんだ」
③ 中国で茶を採取製造する人。
※蕉堅藁(1403)山居十五首次禅月韻「寒山寂々茶人少、脩竹冥々謝豹啼」 〔茶経‐具〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶人の関連情報