茶人(読み)チャジン

  • さじん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 茶の湯を好む人。茶道に通じている人。また、変わった好みの人。風流人。ちゃじん。
〘名〙
① 茶の湯を好む人。茶道に通じた人。茶道の宗匠。さじん。
※雍州府志(1684)八「宗春茶人也」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「さすが茶人の妻、物数寄も能く気も伊達(だて)に」
② 一風変わったことを好む人。ものずき。好事家(こうずか)。粋狂人。風流人。さじん。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)上「おらが若旦那にほれるとは〈略〉とんだちゃじんだ」
③ 中国で茶を採取製造する人。
※蕉堅藁(1403)山居十五首次禅月韻「寒山寂々茶人少、脩竹冥々謝豹啼」 〔茶経‐具〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android