コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草の間 くさのま

世界大百科事典内の草の間の言及

【梵鐘】より

…池の間の下,撞座の左右に鐘身を一周する2段の帯を中帯という。中帯と下帯の間の横長の区画を草の間(くさのま)と呼ぶ。撞座は鏡とも八葉とも呼ぶが,普通,蓮華文を浮彫に表す。…

※「草の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

草の間の関連キーワードアイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)セグロセキレイ(背黒鶺鴒)アイゾメシバフタケミズグモ(水蜘蛛)スジブトハシリグモヤミイロカニグモオカモノアラガイセマルハコガメアベコベガエルオカメミジンコナガコガネグモハイイロガンクビキリギスユウレイグモホッカイエビマルトゲムシアシダカグモキリギリスヒメナミキマネキグモ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草の間の関連情報