コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下帯 シタオビ

デジタル大辞泉の解説

した‐おび【下帯】

ふんどし。または、腰巻き。
肌着の上に結ぶ帯。下ひも。
梵鐘の部分の名。鐘身の下部で草の間駒の爪の間にある横帯をいう。かたい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したおび【下帯】

肌に直接着けて陰部をおおう布。ふんどしや腰巻をいう。
装束の下、小袖の上に締める帯。したひも。したのおび。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下帯の言及

【帯】より

…本来は腰にものを帯びるためのもので,現代の未開社会の裸族たちの間にも腰紐一本だけを体に巻き,これに武器や獲物をぶらさげ,つねに両手の自由を確保しておく風習が残っている。さらに,妊婦の岩田帯や武士の下帯のように,呪術的目的や保温衛生上の目的から帯が用いられることもある。しかし,服飾品としての最大の目的は装飾のためであった。…

【ふんどし(褌)】より

…《延喜式》巻十四では,褌の字を〈したのはかま〉,袷褌を〈あわせのしたのはかま〉と訓じており,袴を意味していた。室町時代ころは,手綱(たづな)と呼び,江戸時代には,下帯(したおび)とも呼んでいる。〈ふんどし〉の語は,江戸時代の初めころからという。…

※「下帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下帯の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂日本のラムサール条約登録湿地下帯の祝い・下帯の祝さるまた(猿股)ふんどし(褌)マンジュウボヤ文庫(服装)褌祝い・褌祝褌・犢鼻褌混沌軒国丸おじ・おばアナアオサヨクート族回し・廻しクロボヤ法隆寺裂振り・風錦の袈裟唐衣橘洲名越光時

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下帯の関連情報