草食性(読み)そうしょくせい

精選版 日本国語大辞典「草食性」の解説

そうしょく‐せい サウショク‥【草食性】

〘名〙 動物の中の牛や馬などのように、植物を主食とする食性。⇔肉食性

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の草食性の言及

【食性】より

…この意味での雑食性とは,動物性の食物も植物性の食物もとるということであって,種々雑多な動物(もしくは植物)を食べることではない。これらは,肉食性,草食性,雑食性ともいわれているが,それは哺乳類中心の用語であって,動物全体からすれば適切な用法とはいえない。肉食性という用語は,そこに同時に捕食性とか,つめや歯で切り裂くとか,かみ切るとか(これらは採食習性feeding habitであって食性ではない)のイメージを伴っていることもあって,食性区分にはふさわしくない。…

※「草食性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android