コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食性 しょくせいfood habit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食性
しょくせい
food habit

通常,動物が食べる食物種類をいい,草食性肉食性雑食性腐食性単食性多食性などに分ける。しかし成長するにつれて食性を変える例も,変態する昆虫その他で多くみられる。広義の食性は,どのような対象をどのように食べ,あるいは吸うかなど,摂食習性の全部をさし,動物はその食性に適した口器,消化器,骨格などの体構造,消化酵素の合成・分泌などの機能の適応を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐せい【食性】

動物の、食物の種類、捕食方法などの習性。狭義には食物の種類をいい、肉食性・草食性・雑食性などに分け、またその種類の範囲により広食性狭食性、単食性・多食性に分けることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

食性【しょくせい】

広くは動物がどんな種類の食物をどんな方法で摂食するかをいうが,特に食物の種類のみを重視することもある。草食(植物食)・肉食(動物食)・雑食・腐食性などに分けられ,さらに植物食は種子食,果実食,草の葉食,木の葉食,花蜜食などに分けられ,動物食は鳥獣食,昆虫食,魚食などに分けられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくせい【食性 food habit】

動物が何を食べているかを食性というが,同一種であっても,地域や季節や,成体と幼体などによって異なっていることが多く,その調査には手間がかかるので,実態が明らかにされている動物はほとんどない。普通にはかなりおおざっぱな類型的区分でまにあわされているし,主食とみなされる食物によって区分されることが多い。〈何を〉という見地からの最もおおざっぱな区分は,動物食carnivorous,植物食herbivorous,雑食omnivorousであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくせい【食性】

日常摂取する食物の種類や摂取の仕方からみた、動物の習性。草食性・肉食性・雑食性・腐食性あるいは少食性・多食性・単食性などに分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食性
しょくせい

動物が食物を摂取する際の習性をいう。食物の種類とそれを摂取する行動の特徴を表すものであるが、狭い意味では食物の種類のみをさす。食物の種類で食性を類別すると、動物性の食物を食べることを肉食性、植物性の食物を食べることを草食性、動物性と植物性との両方の食物を食べることを雑食性、生物の死体やその分解しかかったもの、または排出物を食べることを腐食性という。アフリカの草原動物では、肉食動物はライオン、草食動物はシマウマ、腐食性の強い動物はハイエナ、そしてやや雑食性の動物はマングース類の一部がその例である。食物の選択範囲の広さで食性を分類すると、特定の種あるいは属の生物を食べることを単食性、単食性も含めて食物の選択範囲の狭いことを狭食性、選択範囲の広いことを広食性という。センザンコウはアリやシロアリを主食とする狭食性で、雑食性のマングースの仲間は広食性でもある。ただし、実際にはこれらの類型分けは典型的な食性にしか当てはめられず、互いの区別は厳密なものではない。
 動物はその食性に適した口器、消化器官、骨格、筋肉などの体構造や運動・消化機能をもっている。たとえば草食性の哺乳(ほにゅう)類は歯が臼(うす)状になって草をすりつぶすのに適しており、また腸が長いのが特徴である。ウシなどの反芻(はんすう)を行う有蹄(ゆうてい)類では、大きな分室した胃さえもつ。逆に肉食性の哺乳類は歯が鋭く肉を引き裂くのに適し、また腸は短い。一方、同一種の動物でも季節や場所による環境変化や、発育段階によって食物が異なることも多く、また食性のよく似た他種の動物の存在によって食物の変わることもある。たとえば、スズメは秋にはイネの籾(もみ)をかなり食べるが、春から夏の繁殖期には昆虫を多く食べる。また、アユは川へ遡上(そじょう)する前と、遡上してしばらくは動物プランクトンなどの動物性の食物をとるが、遡上後しばらくするともっぱら石の表面に付着する藻を食べる。
 食性の異なる動物は生態系内の異なった位置を占める。光合成によって生産された植物体を食べる草食動物と、その草食動物を食べ、またお互いを食い合う肉食動物がいる。雑食動物もこの関係に加わる。動植物の死体や排出物は腐食動物の作用も受けて植物の栄養源となる形にまで分解する。このように食性の異なる動物は、一定の順序で生態系の物質の流れを構成している。[高村健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

食性の関連キーワードヨーロッパヒナコウモリコノハエビ(木の葉蝦)カップリングシュガールーフェンゴサウルスコラーゲンケーシングカウディプテリクステリジノサウルスエラフロサウルスコンコラプトルオルニトミムスバラパサウルスオビラプトルドグエラ狒狒キモグリバエナガカメムシ鉄刀木身無貝オキイワシオブラート単食性昆虫スコミムス

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食性の関連情報