コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒垣/荒籬 アラガキ

デジタル大辞泉の解説

あら‐がき【荒垣/荒×籬】

《「あらかき」とも》
すきまの大きい垣根。
神社の外側を囲う目の粗い垣根。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荒垣/荒籬の言及

【玉垣】より

…玉垣の造りは,方形の木に貫を通し(角玉垣),あるいは,厚い板を用いる(板玉垣)のを本式とするが,木の皮を削らずそのまま用いたもの(黒木玉垣),朱塗りのものや石造もある。垣を二重に設けたときは,内を瑞垣,外を玉垣または荒垣という。伊勢神宮は,内から瑞垣,内玉垣,外玉垣,板玉垣の四重になっている。…

※「荒垣/荒籬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒垣/荒籬の関連キーワードキネティック・アート丸山 幹治7月19日入江 徳郎入江徳郎言寄せ妻言縁せ妻飛騨娘玉垣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android