荒垣/荒籬(読み)アラガキ

デジタル大辞泉の解説

あら‐がき【荒垣/荒×籬】

《「あらかき」とも》
すきまの大きい垣根。
神社の外側を囲う目の粗い垣根。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荒垣/荒籬の言及

【玉垣】より

…玉垣の造りは,方形の木に貫を通し(角玉垣),あるいは,厚い板を用いる(板玉垣)のを本式とするが,木の皮を削らずそのまま用いたもの(黒木玉垣),朱塗りのものや石造もある。垣を二重に設けたときは,内を瑞垣,外を玉垣または荒垣という。伊勢神宮は,内から瑞垣,内玉垣,外玉垣,板玉垣の四重になっている。…

※「荒垣/荒籬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android