コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒神箒 コウジンボウキ

とっさの日本語便利帳の解説

荒神箒

昔の農家でかまどの上に祀っていた「荒神さま」は、かまどを守り火を防ぐ神で、農業全般の神ともされた。そのかまどを清める時、専用に使われたのが荒神箒。稲の穂の芯で作られた二〇cmほどのもので、他の不浄な場所を掃除する箒と区別された。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

荒神箒の関連情報