コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒音吉 あら おときち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒音吉 あら-おときち

?-? 江戸時代後期の武士。
仙台藩士中島虎之助につかえていた父伝左衛門が,南部の牛飼い丑之助に殺される。各地をめぐり苦節16年,陸奥(むつ)棚倉藩(福島県)の領内で丑之助を発見し,嘉永(かえい)2年(1849)弟重作とともに仇を討った。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android