福島県(読み)ふくしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福島〔県〕
ふくしま

面積 1万3783.74km2
人口 191万4039(2015)。
年降水量 1166.0mm(福島市)。
年平均気温 13.0℃(福島市)。
県庁所在地 福島市
県木 ケヤキ
県花 ネモトシャクナゲ(→シャクナゲ)。
県鳥 キビタキ

本州北東部,太平洋に面する県。東部に阿武隈高地,中央に奥羽山脈,西部に越後山脈が南北に連なり,大部分が山地である。平地は会津盆地,福島盆地,郡山盆地,白河盆地などの盆地,および太平洋沿岸の海岸段丘や小沖積地。奥羽山脈には那須火山帯に属する吾妻山 (東吾妻山 1975m,西吾妻山 2035m) ,安達太良山 (1709m) ,磐梯山 (1819m) などの火山群が連なり,温泉が多い。ほぼ中央に猪苗代湖がある。西の会津地方は日本海岸気候,太平洋岸は太平洋岸気候,中央部は大陸性気候を示す。古くは白河と勿来 (なこそ) に関が置かれ,陸奥国の関門をなした。平安時代には会津を除き,奥州藤原氏の勢力下に属し,江戸時代は三春 (田村) ,中村 (相馬) 藩,譜代大名と幕領などに分割され,明治4 (1871) 年廃藩置県により平 (磐前) 県,福島県,若松県が成立,1876年に現在の県域となる。農業は米作や野菜,果樹,コンニャクの栽培が中心。日橋川・只見川流域,猪苗代湖は重要な水力発電地帯。太平洋岸には原子力発電所や火力発電所が誘致され,日本のエネルギー基地の一つになっている。京浜地方への食料,電力,労働力供給地の性格が強いが,工業化も進展している。常磐,郡山,いわき地区を中心に工業地域が形成され,1964年に新産業都市に指定された。磐梯,吾妻,尾瀬などの景勝地のほか,飯坂温泉,東山温泉などの温泉もあり,観光業も重要。一部は尾瀬国立公園磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

福島県

東北地方南部に位置する県。南から北へ連なる阿武隈高地と奥羽山脈によって、西側から会津・中通り・浜通りの3つの地方に分けられる。会津地方は日本海側の気候、浜通り地方は太平洋側の気候、中通り地方は2つの中間の気候を示す。農業のほか情報通信機械産業が盛ん。県花は、ネモトシャクナゲ。県木は、ケヤキ。県鳥は、キビタキ。

[福島県のブランド・名産品]
会津絵蝋燭 | 会津菊南瓜 | 会津桐下駄 | 会津慶山焼 | 会津郷からむし織 | 会津地鶏 | 会津天神 | 会津唐人凧 | 会津塗 | 会津の起上がり小法師 | 会津本郷焼 | 会津身不知柿 | 会津みそ | 会津木綿 | 会津早生茎立ち | 赤ベコ | 阿久津曲がりねぎ | あんぽ柿 | 猪苗代そば | いわき絵のぼり | いわき和紙 | 江戸小紋 | 海老根伝統手漉和紙 | 大堀相馬焼 | 奥会津編み組細工 | 雄国の根まがり竹細工 | 風車 | 金山漆ろうそく | 上川崎和紙 | 川俣シャモ | 信夫菜 | 白河だるま | 須賀川絵幟 | 総桐箪笥 | 相馬のヒラメ | 高田梅 | 田島万古焼 | 舘岩赤かぶ | 土湯伝統こけし | つる細工 | 伝統岳こけし | 南郷トマト | 日本甲冑 | 二本松伝統家具 | 二本松の獅子頭 | 二本松の仏壇 | 二本松万古焼 | 初音 | 麓山高原豚 | 檜枝岐の山人工芸品 | 福島牛 | 福島だるま | 牡丹こけし | 真渡瓜 | 三春駒 | 三春張子

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふくしま‐けん【福島県】

東北地方最南端の県。明治元年一八六八)に陸奥国から分かれた岩代国と磐城国の大部分にあたる。同四年の廃藩置県により、平(磐前)・二本松(福島)・若松の三県が成立。同九年合併して福島県となり、同一九年に東蒲原郡を新潟県に移管して現在の県域が定まる。県庁所在地は福島市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県の関連情報