コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉永 カエイ

デジタル大辞泉の解説

かえい【嘉永】

江戸末期、孝明天皇の時の年号。1848年2月28日~1854年11月27日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かえい【嘉永】

年号(1848.2.28~1854.11.27)。弘化の後、安政の前。孝明天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かえい【嘉永】

日本の元号(年号)。江戸時代の1848年から1854年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は弘化(こうか)。次元号は安政(あんせい)。1848年(弘化5)2月28日改元。孝明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋書(そうじょ)』を出典とする命名。嘉永年間の江戸幕府の将軍は徳川家慶(いえよし)(12代)、徳川家定(いえさだ)(13代)。1853年(嘉永6)、ペリー提督が率いる米国の東インド艦隊が浦賀沖に現れ、開国と通商を求めた。翌1854年(嘉永7)、幕府は日米和親条約を締結。嘉永から安政にかけて、日本各地で大地震が続発した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

嘉永の関連キーワード帯山与兵衛(7代)津山検校(2代)千宗守(8代)ロックボーイ三室戸治光東久世通岑西四辻公尹飛鳥井雅光黒田十兵衛順子内親王山岡槐庵蔵田茂樹松井渙斎北条氏久柳生俊能千家清足石川梧堂池尻暉房徳川家慶徳川家定

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉永の関連情報