嘉永(読み)かえい

日本の元号がわかる事典「嘉永」の解説

かえい【嘉永】

日本の元号年号)。江戸時の1848年から1854年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は弘化(こうか)。次元号は安政(あんせい)。1848年(弘化5)2月28日改元。孝明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋書(そうじょ)』を出典とする命名。嘉永年間の江戸幕府の将軍は徳川家慶(いえよし)(12代)、徳川家定(いえさだ)(13代)。1853年(嘉永6)、ペリー提督が率いる米国の東インド艦隊が浦賀沖に現れ、開国通商を求めた。翌1854年(嘉永7)、幕府日米和親条約を締結。嘉永から安政にかけて、日本各地で大地震が続発した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「嘉永」の解説

かえい【嘉永】

江戸末期孝明天皇の代の年号。弘化五年(一八四八)二月二八日改元。嘉永七年(一八五四)一一月二七日安政と改元。将軍徳川家慶(いえよし)、家定の時代。出典は「宋書志」の「思皇享多祐、嘉楽永無央」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android