コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻田甚兵衛 おぎた じんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻田甚兵衛 おぎた-じんべえ

?-? 江戸時代後期の農政家。
大和(奈良県)添上郡横井村の庄屋。村の水不足を解消するため,領主興福寺中教林院知足坊にしばしば懇請し,ついに天保(てんぽう)9年(1838)溜め池工事に着工みずから監督し,15年丸尾池として竣工させた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android