コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県 なら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良〔県〕
なら

面積 3690.94km2
人口 136万4316(2015)。
年降水量 1316.0mm (奈良市) 。
年平均気温 14.9℃ (奈良市) 。
県庁所在地 奈良市
県木 スギ
県花 ナラノヤエザクラ。
県鳥 コマドリ

本州のほぼ中央部,近畿地方のやや南部に位置する県。中央部を西流する吉野川を境に,北部は生駒山地,大和高原,竜門山地,宇陀山地および奈良盆地,南部は紀伊山地に属する山岳地域 (吉野山地) である。気候は内陸性気候で寒暑の差が大きい。古代の大和国で,古くから文化が開け,飛鳥 (あすか) は政治の中心地となった。持統8 (694) 年,日本初の都城藤原京が現橿原市内に建設され,元明天皇まで3代の都であった。和銅3 (710) 年,元明天皇が現奈良市を中心とする地に平城京を建設して遷都,延暦3 (784) 年の長岡京遷都まで都がおかれた。近世は郡山藩など8藩と天領,寺社領に分割統治されていたが,明治4 (1871) 年の廃藩置県により,統合し奈良県となった。県域の約 80%が林野で,農地は奈良盆地に集中している。米作のほかカキ,ウメなどの果樹,イチゴなどの野菜,花卉が栽培される。吉野山地ではスギ,ヒノキ,マツ,モミなどの森林資源に恵まれ林業が盛ん。また奈良市の墨,筆,御所 (ごせ) 市や高取町の大和売薬,桜井市の三輪そうめん,大和郡山市の金魚などは伝統産業として有名。奈良市を中心に多くの神社,仏閣,史跡,古墳があり,観光資源に富む。阪神工業地帯の延長として工業化,宅地化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なら‐けん【奈良県】

奈良

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕奈良〈県〉(なら〈けん〉)


近畿(きんき)地方中部に位置する内陸県。
奈良盆地は古代の政治・文化の中心で、史跡や社寺が多い。北は京都府、東は三重県、西から南は大阪府・和歌山県に接する。農業県だったが、県北西部で工場立地・宅地開発が進展し、経済的・文化的に京阪神地方との一体化が進む。陸の孤島と称された南部の奥吉野(おくよしの)地方では電源開発や観光開発が進んでいる。人口140万1243。面積3691.09km2。人口密度379.63人/km2。管轄市町村は12市15町12村。県庁所在地は奈良市。県花はナラヤエザクラ。
歴史を見ると、縄文遺跡は木津(きづ)川・吉野川などの河川沿い、弥生(やよい)遺跡は奈良盆地に多くみられる。古墳の建造は3世紀末ごろからで、5世紀には巨大な前方後円墳も多数出現。北部の桜井(さくらい)市にある桜井茶臼山古墳では、2009年(平成21)に多数の銅鏡が発見され、考古学界の注目を浴びた。大和朝廷が成立すると、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)、飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)に次いで7世紀末には藤原京が建設されるが、710年(和銅(わどう)3)に平城京に遷都。以来七十余年にわたり日本の政治・文化の中心地となった。784年(延暦(えんりゃく)3)に長岡京(ながおかきょう)に遷都。さらに794年には平安京に移ったが、奈良は永らく「南都」と称された。平安時代末期、平清盛(たいらのきよもり)の焼き討ちにあうが、鎌倉時代に公家(くげ)や武家の援助で復興。南北朝時代には後醍醐(ごだいご)天皇の吉野行宮(あんぐう)はじめ、県南部の吉野地方が南朝方の根拠地となった。近世は豊臣秀吉(とよとみひでよし)の弟、秀長(ひでなが)が入国し、豊臣氏の直轄地となった。江戸時代に入ると8つの藩に分けられ、奈良奉行の支配する幕府直轄領・旗本領・他藩領・社寺領などが錯綜(さくそう)した。1868年(明治元)にまず奈良県が成立。1871年の廃藩置県により成立した大和一円の県を同年11月に合わせる。この奈良県は1876年に堺(さかい)県、さらに1881年には大阪府の一部となったが、1887年に分離し、ほぼ現在の県域となった。
地勢を見ると、県中央部を西流する吉野川を境に北部と南部に二分される。北部は西に生駒(いこま)山地と金剛(こんごう)山地が連なり、奈良盆地を挟んで東には笠置(かさぎ)山地南部をなす大和高原が広がる。東部の三重県境には高見(たかみ)山地が連なる。奈良盆地の南部には大和三山(耳成(みみなし)山・畝傍(うねび)山・天香具(あまのかぐ)山)が点在する。盆地に注ぐ各河川は中央部で合流して大和川となって西流し、生駒山地と金剛山地の間を抜けて大阪平野に流れる。東部の大和高原からは木津川の源流をなす宇陀(うだ)川などが流れ出る。吉野川以南は紀伊(きい)山地中部の山々が連なり、大峰(おおみね)山脈を挟んで十津(とつ)川・北山(きたやま)川が峡谷をなして南流する。気候は、北部の奈良盆地は瀬戸内式気候に属すが、内陸にあるため冬の冷え込みは厳しい。南部の紀伊山地は太平洋岸式気候の南海型に属し、とくに三重県境の台高(だいこう)山脈の大台ヶ原(おおだいがはら)山付近は年間降水量が6000mmを超す最多雨地帯をなす。
産業は、農業では、近畿圏の近郊農業地帯としての性格が強く、北西部では宅地化が顕著で、農家の兼業化、経営耕地の小規模化が進行している。奈良盆地では古くから大和スイカの栽培が盛んで、近年はイチゴなどの施設園芸農業も発展。大和高原での茶栽培は全国有数の産量があるほか、吉野地域ではカキの収穫量が多い。吉野スギに代表される林業は全国屈指の生産性を誇ったが、輸入材に押されて停滞している。内陸に位置するため工業化は遅れ、工業製品出荷額では和歌山県と近畿地方の最下位を争う。第二次世界大戦後、新設された工業団地に、阪神(はんしん)工業地帯から移転した機械・電機などの内陸型工場の立地がみられる。地場産業には、奈良盆地の各地にメリヤス・靴下などの繊維関連が、御所(ごせ)市・高取(たかとり)町に売薬用の製薬業が、桜井市にそうめん製造がある。
観光では、史跡・名所旧跡・古社寺がいたるところにあり、国宝・重要文化財も豊富で博物館などの文化施設も数多い。東大(とうだい)寺・奈良公園がある奈良市は代表的な修学旅行コースで、法隆(ほうりゅう)寺・薬師(やくし)寺・唐招提(とうしょうだい)寺などの古刹(こさつ)や正倉院・明日香(あすか)村を訪れる観光客も多い。南部の山岳地帯は吉野熊野(よしのくまの)国立公園と高野龍神(こうやりゅうじん)国定公園、東部は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園、西部は金剛生駒紀泉(こんごういこまきせん)国定公園、奈良市周辺は大和青垣(やまとあおがき)国定公園に指定される。法隆寺地域の仏教建造物・古都奈良の文化財・紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産(文化遺産)があり、その数は国内最多。また、民俗芸能も多彩で、奈良市の春日若宮おん祭の神事芸能・題目立(だいもくたて)・奈良豆比古(ならずひこ)神社の翁舞(おきなまい)、五條(ごじょう)市の陀々堂(だだどう)の鬼はしり、十津川村の十津川の大踊(おおおどり)などは国の重要無形民俗文化財に指定されている。
生駒郡
生駒市
宇陀郡
宇陀市
香芝市
橿原市
葛城市
北葛城郡
五條市
御所市
桜井市
磯城郡
高市郡
天理市
奈良市
大和郡山市
大和高田市
山辺郡
吉野郡

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

奈良県

近畿地方中央部に位置する県。内陸県で、吉野川に沿ってほぼ東西に走る中央構造線により、南部山地(吉野山地)と中央低地(北部低地)に分かれる。温暖であるが、寒暖差の大きい内陸性の気候。農業・林業が盛ん。県花は、奈良八重桜。県木は、スギ。県鳥は、こまどり。

[奈良県のブランド・名産品]
赤膚焼 | | いちご | 今市かぶ | 祝だいこん | 宇陀金ごぼう | 黄金まくわ | 大塔坪杓子・栗木細工 | 香りごぼう | | 笠間藍染 | 片平あかね | くろたき水組木工品 | 小しょうが | 三方 | 鹿角細工 | ジャム類 | 千筋みずな | 高山茶筌 | 高山茶道具 | 奈良団扇 | 奈良晒 | 奈良漬 | 奈良筆 | 軟白ずいき | 蜂蜜 | 花みょうが | 半白きゅうり | ひもとうがらし | ほうれん草 | 神酒口 | 三輪素麺 | 紫とうがらし | 木製灯籠 | 大和出雲人形 | 大和いも | 大和きくな | 大和牛 | 大和指物 | 大和茶 | 大和肉鶏 | 大和ふとねぎ | 大和まな | 結崎ネブカ | 吉野葛 | 吉野材 | 吉野杉 | 吉野杉桶・樽 | 吉野杉箸 | 吉野手漉和紙 | 吉野桧 | 吉野本葛 | 吉野割箸

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

奈良県の関連キーワード奈良フィルハーモニー管弦楽団奈良県桜井市安倍木材団地奈良県生駒郡斑鳩町龍田南奈良県生駒市東生駒月見町奈良県立御所工業高等学校奈良県五條市西吉野町湯塩奈良県奈良市東登美ヶ丘奈良県奈良市半田突抜町奈良県奈良市秋篠三和町奈良県天理市東井戸堂町奈良県奈良市あやめ池北奈良県立御所東高等学校奈良県生駒市あすか野南奈良県奈良市油阪地方町奈良県生駒市あすか野北奈良県奈良市東新在家町奈良県奈良市秋篠早月町奈良県奈良市東笹鉾町奈良県橿原市東池尻町奈良県奈良市東包永町

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県の関連情報