コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅秀才 カンシュウサイ

大辞林 第三版の解説

かんしゅうさい【菅秀才】

浄瑠璃「菅原伝授手習鑑すがわらでんじゆてならいかがみ」に登場する菅原道真みちざねの子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菅秀才の言及

【菅原伝授手習鑑】より

…苅屋姫の駆落ちを丞相の謀叛とみられ,丞相は遠島となる。丞相の一子菅秀才を源蔵夫婦が連れ出す(〈丞相館門前〉)。(2)二段 桜丸が親王と苅屋姫を隠し,覚寿の住む土師(はじ)の里へ向かう(〈道行〉)。…

※「菅秀才」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菅秀才の関連キーワード河原崎 権十郎(2代目)菅原伝授手習鑑鸚鵡返文武二道天満宮菜種御供林 敏夫松王丸寺子屋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android