コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟狭津彦 うさつひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菟狭津彦 うさつひこ

古代伝承上の豪族。
宇佐国造(くにのみやつこ)の祖。神武天皇が東征し菟狭(大分県宇佐市)にきたとき,菟狭津媛(ひめ)とともに駅館(やっかん)川の上流に一柱騰宮(あしひとつあがりのみや)をつくり天皇をもてなしたという。高魂尊(たかみむすびのみこと)(高皇産霊尊(たかみむすびのみこと))の孫とする伝承もある。宇沙都比古,宇佐都彦命とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android