華族会館(読み)かぞくかいかん

精選版 日本国語大辞典「華族会館」の解説

かぞく‐かいかん クヮゾククヮイクヮン【華族会館】

華族の集会場として用いられた建物。明治七年(一八七四)、東京都千代田区永田町に建てられ、貴族院の伯・子・男爵議員の選挙会場としても用いられた。分館が京都(現在の同志社大学構内)にあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「華族会館」の解説

かぞく‐かいかん〔クワゾククワイクワン〕【華族会館】

東京都千代田区にあった華族の集会所。明治7年(1874)創建

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の華族会館の言及

【華族】より

…この使節団はヨーロッパの貴族制にも関心を払い,これは帰国後の岩倉具視や木戸孝允らの対華族策となった。74年創立の華族会館(当初は当時の全華族427家中の約4分の1が参加。1876年開館)は,華族組織化の第一歩であった。…

※「華族会館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android